慈照寺(銀閣寺)は、室町幕府八代将軍足利義政公によって造営された山荘東山殿であり、義政公の没後、臨済宗の寺院となった。義政公の法号慈照院殿にちなんで慈照寺と名付けられ、三代将軍義満公の造営による山荘北山殿の金閣寺(鹿苑寺)に対し、銀閣寺と称せられた。銀閣寺の俗称の通り、慈照寺の象徴というべきものが観音殿(銀閣・国宝)である。 現存する室町期楼閣庭園建築の代表的建造物として名高い。また、観音殿とともに造営当時の遺興として現存するのが東求堂(国宝)である。この堂は持仏堂、すなわち阿弥陀如来を祀る阿弥陀堂であった。堂内の四畳半書院「同仁斎」は草庵茶室の源流、また四畳半の間取りの始まりと言われている。

 

 

“Silver Pavilion” or Ginkakuji is a Zen temple in Kyoto’s eastern mountains (Higashiyama District). In 1482, shogun Ashikaga Yoshimasa built his retirement villa on the grounds of today’s temple, modeling it after Kinkakuji (Golden Pavilion which Marine Steve and I visited a year ago. The villa was converted into a Zen temple after his death in 1490.

 

Although also called Silver Pavilion, Ginkakuji was never covered in silver. It is believed the name arose either to contrast it with Golden Pavilion or because moon light reflecting on the building’s dark exterior (once covered in black lacquer) gave it a silvery appearance.

 

 

Picture Gallery

 

東求堂(国宝)同仁斎

弄清亭(ろうせいてい)襖絵 奥田元宋

本堂(方丈)襖絵 与謝蕪村 棕櫚に叭叭鳥図

GINKAKU-JI Temple

銀閣寺 (只今更新中、今しばらくお待ち下さい)

ホームページに記載されているテキスト・画像などの無断複製転載禁止

Copyright(C) MIYAKO DENTO KOGEIKAI